FXの体験談<その4>ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせたFX手法


 FXの体験談<その4>

FX歴10年になるMさんのトレード手法です。

テクニカル手法には
さまざまなものがありますが、
Mさんの場合は、
ボリンジャーバンドとRCIを
組み合わせているそうです。

FX暦は10年になりますが、初心者の頃は値頃感で取引していてロスカットされていました。これではいけないと思い、ロスカットされてから色々な手法を学びました。

私は基本、順張りなのですが、時々逆張り取引もしています。逆張り取引で成功しやすいのがボリンジャーバンドとRCIを組み合わせた手法です。

まずRCIは9日、26日、52日を使い52日が天井や底で推移している時に9日と26日が同じ向きになった時にエントリーしています。

例えば、52日のRCIが底で推移している時に9日と26日が上向きになっている時は買いサインと見ています。これだけではダマシにあうのでボリンジャーバンドを組み合わせます。

RCIに買いサインが出ている時にボリンジャーバンドの-2σや-3σで価格が動いている時は+2σや+3σまで利益を狙うことが出来ます。逆にRCIに買いサインが出ていてもボリンジャーバンドの+2σや+3σで価格が推移している時は見送ります。

この手法はどの通貨ペア、時間足に使えますし、サインが出た時は70%以上の確率で勝つことが出来ます。

もちろん、ダマシになる時もあるので損切りは直近の安値や高値に入れてエントリーしています。

どんなテクニカル手法でも
ダマシにあうのは避けられません。
ストップロスを確実に設定して
相場に望みましょう。

どんな手法を使っても
最終的な勝率は
あまり変わらないように思います。

FXをはじめの頃は
あれこれ様々な手法に
目が移りやすい時期ですが、
自分の信じた手法を使い、
自分なりに精度を高めて
いくのが近道だと思います。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

2016年4月15日 FXの体験談<その4>ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせたFX手法 はコメントを受け付けていません。