FXのレバレッジの話(2)~レバレッジの有効な考え方

前回のFXのレバレッジの話(1)の続きです。
「レバレッジ」の有効な考え方とは?

勝てば利益が大きいが負ければ…

でも逆を考えると怖いよね。

ミツオさん、何が怖いの?

だってトレードっていつも
勝てるとは限らないよね。

あっ、負けちゃったらそれだけ
お金が減っちゃうってことか。

そうだね。
少ない資金で大きな利益を
得られるのが、FXの魅力の
一つであるのは確かなんだ。
だけど逆に考えるとそれは
大きく資金を減らすことにもなるよね。

ちょっと、怖いね。
でも、そうするとFXの魅力が
半減しちゃうね。
せっかく大きなレバレッジで
取引できるのに、それをしたら
危険というんじゃ…。

レバレッジのもう一つの考え方

レバレッジにはこういう考え方も
あるんだよ。

どんな?

うん。
小さな資金で大きな利益を
得るためじゃなくて、
『より小さな資金で取引できる』
って考えられないかな?

えっ、どういうこと?

前回、4万円の証拠金で
ドル円1万通貨の取引が
できるって話をしたよね。

うん。

もしジュンくんの口座に
5万円の資金(預託金)しかなかったら、
ジュンくんは取引するかい?

とりあえず、できるから
すると思う。

4万円は拘束されるから
残りは1万円しかないよね。

うん。

ということは取引中に
1万円のマイナスになったら
そこで取引が強制的に
終わってしまうね。

えっ、そうなの?

うん。
だから口座に預けた預託金から
取引しているときの証拠金を
引いた残りが重要なんだ。

じゃ、その残りがたくさんあれば
安全ということだね。

そうだね。
つまり証拠金を小さくすれば
小さくするほど安全な取引ができるんだ。

…って、ことは。
取引量を小さくするってことだよね。

そう。
例えば預託金が10万円あるなら
1万通貨の取引をするんじゃなくて
1000通貨単位の取引をすれば
比較的安全に取引できるということだね。
レバレッジがない場合を考えたら
1000通貨の取引でも10.4万円の
資金が必要なところが、
(※2016年7月のドル円レートの場合)
レバレッジ25倍なら4000円で
済むんだからね。
もちろん儲けは小さくなるけど、
証拠金不足にならないことの方が
重要なんだ。

なるほどぉ。
「大きく儲ける」のではなく
「より安全に取引できる」考え方を
した方が良いってことなんだね。

そういうこと。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ