【インジケーター自体に問題がないか知る方法】MT4でインジケーターが動かない

MT4のインジケーターをネットから
ダウンロードして設置したものの、
どうもうまく動作しない。

そんな時、インジケーターの
設置の仕方が悪いのか、
インジケーターそのものに
何か問題があって動作しないのか、
わからない時があります。

そんな時の対処方法です。

インジケーターの設置を再確認

まずはインジケーターの設置が
うまくいっているか確認しましょう。
インジケーター設置後、
ナビゲーターウィンドウに
該当のインジケーターが
表示されていれば、設置に関しては
問題ないと思って良いでしょう。

ただ念の為、MT4を再起動して
おきましょう。

 ▶[参考記事]インジケーターの設置方法

インジケーター自体に問題があるかどうか確認する方法

以下、インジケーター自体に問題が
あるかどうか確認する方法です。

メタエディターを起動

「ナビゲーター>該当インジケーター>右クリック>修正」で
メタエディターを起動します。
※起動しない場合はすでにコンパイル済み
 インジケーターなので以下の確認はできません。 

コンパイルボタンをクリック

何もせずそのまま
コンパイルボタンをクリックします。

ツールボックス内のメッセージを確認

コンパイルボタンをクリックすると
画面最下部にツールボックスが開きます(下図参照)。
そこのエラータブにエラー表示がなければ
インジケーター自体に問題はない
ということになります。
インジケーターが動かない原因は他にあるようです。
その他、確認してみるポイントはこちら

もし下図のようにエラー表示があれば
インジケーターのプログラムコード自体に
何か問題があるということになります。

警告だけは出ているが、エラーはない
と言う場合は、ほとんど動く場合が
多いようです。

エラーがある場合、
プログラミング経験者であれば、
少しネットで検索してみれば
自分に直せそうかどうかわかると思います。

直せるようならチャレンジして
みてください。
案外、簡単に直る場合もあります。
自分には無理そうだと判断したなら、
そのインジケーターの使用は
残念ながらあきらめるしかありません。

もしインジケーター作成者の
ホームページがある場合は、
FAQページなどがあるかどうか
確認してみましょう。
ブログの場合、過去にコメント等が
投稿されている場合がありますので、
参考にしてみると解決できる場合があります。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

MT4にインストールしたインジケーターが使えない

 ▶インジケーターの設置方法を知りたい方はこちら

インターネットからダウンロードした
MT4インジケーターが使えない場合が
ままあります。

原因として、

  • プログラムが古く動作していない
  • インジケーターの使い方が間違っている
  • インジケーターは表示されているが気付かない
  • 表示されるまでに一定の時間が必要なインジケーター

などが考えられます。

ただし、これにはインジケーターが
正しく設置されているのが最低条件です。
まずは次の点を確認してみましょう。

  • 正しい手順でインジケーターを設置できているか
  • インジケーターの「更新」またはMT4の再起動は行ったか

 ▶[参考記事]インジケーターの設置方法

上記が正しく行われていても
使えないようなら、
下記の点を確認してみましょう。

プログラムが古く動作していない

インターネット上には
古いインジケーターなどが
ずっと残っている場合などがあります。

あまりに古いとプログラムコードが
現在のMT4にはマッチせず
現行バージョンのMT4に
インストールしても
使えない場合があります。

MT4のナビゲーターウィンドウで、
該当インジケーターのアイコンに
グレーの丸っぽい印がついている場合は
基本的にコンパイル済みの
インジケーターなのでプログラムコードを
見ることも修正することもできません。
この場合は残念ですが、あきらめて
類似のインジケーターを
探すことをおすすめします。

 ▶コンパイルってなんだ?

ただしプログラムコードに不具合がある
場合はコンパイルされていない場合でも
グレーになりますので、この場合は
プログラムコードの修正が可能です。


黄色い丸がついている
インジケーターはプログラムコードを
見ることも修正することも可能です。

右クリックして「修正」を選択すると
MataEditorが立ち上がり、
コードの修正が可能になります。

 ▶インジケーター自体に問題がないか知る方法

インジケーターの使い方が間違っている

インジケーターに説明書やヘルプが
付属している場合は良く読んでみましょう。

ネット上に公開されている
インジケーターなら
ダウンロード元に
説明があるかもしれません。

またインジケーター名で検索してみると
同じインジケーターを使った方の
ブログなどが見つかるかも
しれませんので参考にしてみましょう。

インジケーターは表示されているが気付かない

テキスト(文字や数値)やマークを
表示するようなインジケーターの場合、
デフォルトのテキストやマークの色が
背景と同系統の色に設定されていて
表示されてはいるものの、
ユーザーには見えにくく
動作していないと感じる場合もあります。

特にMT4のデフォルトのチャートカラーを
変更している場合はそういったケースが
考えられます。

多くはパラメーターで修正が出来ます。

 ▶[参考記事]MT4チャートでAskラインが表示されない

表示されるまでに一定の時間が必要なインジケーター

表示にある程度時間がかかる
インジケーターなども中にはあるので、
数分~数時間待ってみる
必要もあるかもしれません。

新規のローソク足が出現して初めて
表示されるようなインジケーターでは、
1分足や5分足など短いタイムフレームならば
数分で表示されますが、
1時間足や4時間足なら最低でも
1時間や4時間かかるということになります。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

MT4に組み込まれていないインジケーターの入れ方(2)

前回、インターネット上から
RCIのインジケーターを
ダウンロードしました。

▶前回記事MT4に組み込まれていないインジケーターのの入れ方(1)

今回はダウンロードした
インジケーターをMT4に
組み込んで使えるように
してみましょう。

MT4にインジケーターを組み込む

MT4のファイルメニューから
「ファイル」>「データフォルダを開く」
をクリックしてください。

ファイルエクスプローラーが開きます。
その中に「MQL4」という
フォルダがあるはずなので、
ダブルクリックして開きます。
真ん中あたりに
「Indicators」フォルダが
あると思いますが、
このフォルダの中にすべての
インジケーターが保存されています。

開いてみると、
一目均衡表の「Ichimoku」や
「MACD」などのインジケーターが
MT4にはあらかじめ入っていることが
わかります。

前回ダウンロードしてきた
ファイル「RCI_three.ex4」を
この「Indicators」フォルダの中に
ドラッグ&ドロップします。
※自分が入れたいインジケーターが
 「RCI_three.ex4」でない場合は、
 そのインジケーターのファイルを
 ドラッグ&ドロップします。

「Indicators」フォルダの中に
「RCI_three.ex4」ファイルの
移動やコピーが完了したことを
確認したらMT4に戻りましょう。

MT4でチャート上に表示させる操作

MT4の左側にあるナビゲーターの
「インディケータ」を選択したら
右クリック。
その中から「更新」を
クリックしてください。

※MT4を再起動させてもOKです。

「インディケータ」の中に
「RCI_three」が表示されたはずです。
※先ほどご自身で使いたいインジケータを
 入れた方は、それが表示されればOK。

チャートに表示させる方法は
RSIを表示させた時と同様です。
 ▶MT4チャートにインジケーター「RSI」を表示してみよう

↓このように表示されればOKです。
※先ほどご自身で使いたいインジケータを
 入れた方は、それが表示されればOK。

インジケーターの表示のさせ方は
ほかのどのインジケータでも
基本は同様ですので、
自分の好みのインジケーターを
表示させてトレードの参考に
してみてください。

パラメーターなど詳細設定

RSIの時にも説明したように
インジケーターには、
自分の好みに合うように設定を
変更できる場合があります。

 ▶RSIのレベル表示の変更

この「RCI_three」の場合は

  • 3本のRCIそれぞれの期間設定
  • ラインの色
  • レベルの表示

などが変更可能です。
自分が使いやすいように
変更して使ってみてください。

インジケーターの削除方法

インジケーターは時に
不要になります(汗)

  • RCIでは勝てないので、RCIは削除しボリンジャーバンドを使いたい
  • スプレッドを表示させるインジケーターを使っていたけど不要になった
  • RSIの違うインジケーターを使いたいから古い方は削除したい

インジケーターの
削除方法は簡単です。
二通り説明します。

インジケーターを直接削除

チャート上のインジケーター
(のライン上)を直接
右クリックして表示される
パネルから「分析ツールを削除」を
選択し削除します。

※「サブウィンドウを削除」でも
 OKですが、その場合は
 サブウィンドウに同時に
 表示させていたインジケーターも
 一緒に削除されます。

「表示中のインディケータ」経由での削除

チャート上で右クリックすると
表示されるパネルから
「表示中のインディケータ」を
クリックします。

現在表示されている
すべてのインジケーターが
一覧表示されます。

削除したいインジケーターを
選択して削除ボタンを
クリックして削除します。

 ▶デモ口座で練習トレードをしてみよう<エントリー編>

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

MT4に組み込まれていないインジケーターの入れ方(1)

前回、MT4に元からインストール
されているインジケーター「RSI」の
使い方を説明しました。

▶前回記事「MT4チャートにインジケーター「RSI」を表示してみよう」

このページではMT4に元から入っていない
インジケーターの入れ方を説明します。

好みのインジケーターを追加できる

MT4ではさまざまなインジケーターを
組み込むことができます。

ソフトやブラウザなどで使う
プラグインやアドオンなどと
似たような仕組みといえば
わかりやすいでしょうか。

プログラミングがわかる人なら
自分で作ることも可能です。

ネット上に公開されているインジケーター

私、ミツオはトレードで
「RCI」というテクニカル指標を
よく使うのですが、この「RCI」は
MT4には入っていません。

インジケーターはネット上に
たくさん公開されており、
ほとんどは無料で誰もが
使う事ができます。

インジケーターを集めたサイト

インジケーターを集めて
公開しているサイトも
ありますので、利用すると
良いでしょう。
インジケーターを検索すると
よく出てくるサイトです。

MT4でFX [MT4インディケーター]

インジケーター「RCI」をダウンロードしてみよう

それではここで「RCI」を表示する
インジケーターを探してみましょう。

欲しいインジケーターの
名前がわかっているので、
トップページの左側にある
オレンジ色の「名前順から探す」を
クリック。続いて表示される
ページ上部のアルファベット群の
中から「R」をクリックします。

名前に「RCI」と付く
インジケーターがいくつか
ありますね。自分の目的に合う
インジケーターを見つけます。

今回は「RCI_three.ex4」という
インジケーターをダウンロードします。

ファイルの拡張子
(「.(ドット)」の後ろの3文字)
が、「ex4」と「mq4」の
2種類があります。
「ex4」はコンパイル済み
「mq4」はコンパイル前のソース
です。
どちらでも使えるので
どちらをダウンロードしても
大丈夫です。

名前をクリックしてファイルを
保存します。デスクトップなど
自分がわかりやすい場所に
ダウンロードしましょう。

次回、MT4で使えるように設定します。

 ▶MT4に組み込まれていないインジケーターのインストール方法(2)

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

MT4チャートにインジケーター「RSI」を表示してみよう

インジケーター「RSI」を表示

前回は移動平均線を
表示してみました。

 ▶移動平均線を表示してみよう

今度は有名なテクニカル指標である
「RSI」を表示してみましょう。

「RSI」はMT4をインストール
した時点でインジケーターとして
組み込まれています。

表示はドラッグ&ドロップするだけ

それでは表示してみましょう。
やり方は「移動平均線」を
表示した時とまったく同じです。

「RSI」は「ナビゲーター」から
「インディケータ」の
「トレンド」のすぐ下にある
「オシレーター」の中にあります。
「Relative Strength index」
というのが「RSI」ですね。

ドラッグ&ドロップします。

「期間」などを表示する
ダイアログが表示されます。

今回もデフォルトのまま
「OK」ボタンをクリックします。
自分がいつも使い慣れている
「期間」がある人はその期間を
入力して表示させてみてください。

チャートウィンドウの下部分に
「RSI」が表示されたらOKです。

RSIのレベル表示の変更


70と30に点線が表示されていますが、
これを80と20に変更したい場合は
表示されているRSIのライン上
右クリックし、表示される
「RSI(14)プロパティ…」をクリック。


ダイアログのタブから
「レベル表示」を選択。
70と30をそれぞれ「削除」し、
80と20を新たに「追加」して
OKボタンをクリック。


新たに80と20のところに
点線が表示されます。

 ▶MT4に組み込まれていないインジケーターのインストール方法(1)

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ