デモトレードを振り返り、次のトレードに活かそう


前回のトレードを振り返ってみましょう。
一番の問題は何だったのでしょうか。

  デモ口座で練習トレードをしてみよう<エントリー編>

その時の状況を考えれば
多々あるでしょうが
ロスカット(損切り)が遅かったのが
最大のミスだったと思います。

直近高値を超えたところで
ロスカットすべきトレードでした。
そのまま放置したために
倍以上の大きな痛手を
負ってしまいました。

トレードを振り返り次に活かす

と、こんな感じで自分が行った
トレードを振り返り、
反省するところは反省し
次回のトレードに活かす、
良かったところは今後も伸ばす。

そんな感じで少しずつ
自分のトレードを確立して
いきましょう。

勝率を追い求めない

FXなど投資をはじめたばかりの
多くの方は「トレードに負けない手法」
を探し求めます。

もちろん勝率が高いに越したことは
ありませんが、初心者の時は
特に勝率にこだわりがちです。

  1. ある手法を手に入れる
  2. 実践してみる
  3. 負ける
  4. 違う手法を探す
  5. 延々と1~4を繰り返す

こうなると泥沼です。
100%勝てるトレード手法は
おそらく存在しませんから
いつまでたっても自分の
トレードスタイルを確立出来ず
全勝できる手法を生涯
追い求めることになります。

そうならないためにも
まずは一つの手法を
自分の身に付くまで
チャレンジし続けてみてください。

負ける時もあるでしょう。
勝率で5割を切るかもしれません。
つまりトレードの半分は
負けると思ってください。
その中でどうすれば利益を
伸ばしていけるのかを
考えることが大切です。

相場の種類と資金管理がキモ

このブログを読んでくださっている
あなたはまだ投資の初心者だと
思います。

トレード手法を探るうちに
必ず気付くと思いますが、
一足先にお伝えしておきます。

相場には大きく分けると

  • 一方向に動くトレンド
  • ある範囲を行ったり来たりするレンジ
  • 動き・方向感がない

の3つがあります。

動き・方向感がない場合は
トレードしようがないので
見送りましょう。

残りの2つ。
お伝えしたいのは
トレンド相場とレンジ相場では
トレード方法が異なる

という点です。

この点を意識するだけでも
勝率に大きく影響してくると
思います。

ついでにもう一つ。
資金管理も重要です。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

デモ口座で練習トレードをしてみよう<エグジット編>

前回、ドル円に売り注文を
出しました。

  デモ口座で練習トレードをしてみよう<エントリー編>

決済方法

それでは決済してみましょう。

決済方法は、

  1. 決済したいポジションの上で右クリック
  2. 表示されたパネルから「決済注文」を左クリック

クリックした瞬間に
決済されるので
タイミングを見計らって
クリックしましょう。

FX練習トレードの結果

さて、前回注文の
約6時間半後の決済結果がこちら。

下の白い○印のところが
売り注文を出したところ。
上の黄色い○印のところが
買い戻したところです。

見事、ハズしました(汗)
いわゆるロスカットですね。

106.703円で売り、107.213円で
買い戻しましたので、
51PIPS(51銭)の負けです。
※FXでは最小単位をPIPSと表記します。
 1PIPS=0.01円
(=1銭、ドル円などクロス円の場合)

今回、注文を出した時に
0.1ロットで出しました。

例外もありますが、基本的に
FXの世界では1ロットは10万通貨です。
これはドル円などクロス円の場合
1円動くと10万円口座資金が増減します。

今回の0.1ロットは1万通貨。
10,000通貨×0.51円
つまり5,100円のマイナスです。
残念…。

  デモトレードを振り返り、次のトレードに活かそう

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

デモ口座で練習トレードをしてみよう<エントリー編>


それでは実際にデモ口座で
デモトレードをしてみましょう。

今まで投資経験のない方でも
1歩ずつ進んでいけば大丈夫です。

デモトレードですから
実際に自分のフトコロが
痛むわけではないので
負けてもOK。

ただし失敗したら
何が悪かったのか
振り返るクセをつけましょう。

エントリーのタイミングや
投資資金、ロスカット幅など、
しっかりと考えて
次のトレードに活かしましょう。

エントリーの準備

ではまず買いでも売りでも
良いのでエントリーしてみましょう。

と言ってもどっちに
動きそうだなといった
目安ぐらいは欲しいところですよね。

相場の方向感を見るのに
移動平均線がわかりやすいので、
チャートに表示してみましょう。

移動平均線の表示の仕方、
覚えていますか?
忘れてしまった場合は
こちら↓を参考にしてください。

  移動平均線を表示してみよう

期間を変えた移動平均線を
3本引いてみましょう。
期間をそれぞれ21、75、200で
表示します。
代表的な3本です。

3本とも同じ方向を向いていれば
今後もしばらくの間は
その方向に向かうのではないか、
そう考えられそうですね。

※チャートはCAD/JPYです。

注文の出し方

それでは注文方法です。
「新規注文」をクリックします。

ダイアログボックスが開きます。

上から順に確認します。
(1)通貨ペア
(2)数量
(3)決済逆指値
(4)決済指値
(5)コメント
(6)注文種別
(7)成行注文
となっていると思います。

ここで重要なのは(1)と(2)番。
(1)の通貨ペアは「USDJPY」となっていますか?
(2)の数量は「0.1」になっていますか?

以上がOKならいよいよ注文です。

成行注文で注文を出してみよう

デフォルト(初期設定)では
(6)の「注文種別」が
「成行注文」になっています。

「成行注文」は簡単に言えば
FX会社が提示したそのままの価格で買う、
あるいは売るということです。

他にもさまざまな注文方法が
ありますが、ここでは成行注文で
注文を出してみましょう。
赤い「成行売り」ボタンと、
青い「成行買い」ボタンがあります。

これから価格が上がると思えば
青のボタン、下がると思えば
赤いボタンをクリックします。

ミツオは今回、下記チャートの
黄色い矢印部分で「売り」注文を
出しました。

赤と黄色の2本はほぼ横ばいですが、
一番長い期間(200の白い線)が
下向きなので、下落と考え
売ってみました。

さて、結果は…。

  デモ口座で練習トレードをしてみよう<エグジット編>

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

トレードの準備をしよう(デモ口座)


ミツオです♪
それではトレードの準備を
していきましょう。

少しずつメタトレーダー4の
使い方に慣れるのが目的です。

トレードの準備をしよう(デモ口座)

一度すべてのチャートを
閉じてみましょう。
各チャートの右上の×印を
クリックします。

ついでに左側にある気配値表示と
ナビゲーターも同様に
消してしまいます。

トレードに不要なものは消して
チャートに集中するためです。

もちろん、一度消しても
再表示は可能です。

このような何もない
まっさらな画面になりました。

チャートの操作(トレード開始の準備)

ドル円を売買してみましょう。

ユーロ円やポンド円など
その他のクロス円に比べて
値動きが穏やかなので、
比較的トレードしやすいと
言われている通貨ペアです。

日本人に一番馴染みのある
通貨ペアでもありますね。

ドル円のチャートを開く

ドル円のチャートを開きます。
ソフト左上の緑のプラスマークがついた
「新規チャート」アイコンを
クリックして「USDJPY」を選択します。

※上図の「USDJPY」の後に
 ついている「pro」は
 FOREX.comの口座によるものです。
 各FX業者で異なります。

ドル円「1時間足」チャートが
開いたと思います。

タイムフレームの変更

短期間で売買できるように
チャートのタイムフレームを
1時間足から5分足に
変更してみましょう。

「M5」をクリックします。

ローソク足の表示

ローソク足を表示してみます。

ローソク足のアイコンをクリックします。
チャートが変わりましたか?

変わりませんね。

チャートの時間軸が広いと
ローソク足1本の幅が取れない為
ローソク足に変わりません。

「プラスの虫眼鏡アイコン」を
1回クリックするとローソク足が
表示されますが、まだちょっと
細く見づらいのでもう一回
クリックしてみてください。

どうでしょうか。
このようなチャートになればOKです。
(↓画像クリックで拡大できます)

移動平均線を表示してみよう

ローソク足のみの表示だと
方向感が分かりづらいので
移動平均線を表示してみましょう。

ソフト左上の黄色いボタンを
クリックして「ナビゲーター」を
開きます。

「インディケータ」
 ↓
「トレンド」の中にある
「Moving Average」を
チャート上にドラッグ&ドロップします。

ダイアログボックスが開きます。

パラメーターには期間や、
移動平均線の種類などを
指定できます。

今回はデフォルトのままで
いきましょう。

  • 期間:25
  • 表示移動:0
  • 指導平均の種別:Simple
  • 適用価格:Close
  • スタイル:Red

確認したらOKボタンをクリックします。

チャート上に赤い移動平均線が
表示されればOKです。

  MT4チャートにインジケーター「RSI」を表示してみよう

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

『メタトレーダー4(MT4)』のダウンロード、インストールをしてみよう。


ミツオです。
ここではメタトレーダー4(MT4)の
ダウンロードとインストールの
方法を説明します。

どこのFX業者の
メタトレーダー4(MT4)でも
基本的には一緒なので、
お好みのFX業者のMT4でokです。

ただし異なるところもあると
思いますので詳しくはMT4を
ダウンロードした
FX業者のサイトを参照してください。

ここではミツオが普段使っている
FOREX.comのMT4で説明します。

メタトレーダー4(MT4)のダウンロード

FOREX.comのMetaTrader4
無料デモ口座申込ページに
アクセスします。
  MetaTrader4無料デモ口座申込

説明を一読したら
申込みフォームに必要事項を
入力し、申込ボタンを押すと

  • Username
  • Password
  • Server

が発行されます。
記録しておきましょう。
入力したメールアドレスにも
この情報は届きます。

その画面にメタトレーダー4の
ダウンロードボタンがあるので、
クリックしてダウンロードします。
デスクトップなど自分の
わかりやすいところに
ダウンロードしましょう。

メタトレーダー4(MT4)のインストール

ダウンロードしたファイル
mtjp4setup.exeを
ダブルクリックして
インストールを開始します。

インストールと同時に
デモ口座の申請も行われます。

デモ口座の申請ダイアログが
表示され「次へ」ボタンが
押せる状態になったら
Demoサーバーが選択されている
のを確認して「次へ」ボタンを
クリックします。

アカウントタイプを選択します。

アカウントタイプの選択は
既存のアカウント」を選択し、
先ほど表示されたDemo用の
Usernameを「ログイン」に、
Passwordを「パスワード」に
入力
し「完了」ボタンをクリックします。

チャートが表示され、
右下の接続状況を示すバーの色が
茶色から緑色になれば
ログインが成功し無事回線が
つながった正常な状態です。

このような状態になればOKです♪

正常にインストールが完了し、
デモ口座にログインできました。

ソフトを閉じる時は
ウィンドウ右上の「×」印で
画面を閉じればOKです。

次は簡単に使い方を
説明しましょう。
 『メタトレーダー4(MT4)』の簡単な使い方(その1)<チャート操作、時間足の変更方法>

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ