デモ口座で練習トレードをしてみよう<エントリー編>


それでは実際にデモ口座で
デモトレードをしてみましょう。

今まで投資経験のない方でも
1歩ずつ進んでいけば大丈夫です。

デモトレードですから
実際に自分のフトコロが
痛むわけではないので
負けてもOK。

ただし失敗したら
何が悪かったのか
振り返るクセをつけましょう。

エントリーのタイミングや
投資資金、ロスカット幅など、
しっかりと考えて
次のトレードに活かしましょう。

エントリーの準備

ではまず買いでも売りでも
良いのでエントリーしてみましょう。

と言ってもどっちに
動きそうだなといった
目安ぐらいは欲しいところですよね。

相場の方向感を見るのに
移動平均線がわかりやすいので、
チャートに表示してみましょう。

移動平均線の表示の仕方、
覚えていますか?
忘れてしまった場合は
こちら↓を参考にしてください。

  移動平均線を表示してみよう

期間を変えた移動平均線を
3本引いてみましょう。
期間をそれぞれ21、75、200で
表示します。
代表的な3本です。

3本とも同じ方向を向いていれば
今後もしばらくの間は
その方向に向かうのではないか、
そう考えられそうですね。

※チャートはCAD/JPYです。

注文の出し方

それでは注文方法です。
「新規注文」をクリックします。

ダイアログボックスが開きます。

上から順に確認します。
(1)通貨ペア
(2)数量
(3)決済逆指値
(4)決済指値
(5)コメント
(6)注文種別
(7)成行注文
となっていると思います。

ここで重要なのは(1)と(2)番。
(1)の通貨ペアは「USDJPY」となっていますか?
(2)の数量は「0.1」になっていますか?

以上がOKならいよいよ注文です。

成行注文で注文を出してみよう

デフォルト(初期設定)では
(6)の「注文種別」が
「成行注文」になっています。

「成行注文」は簡単に言えば
FX会社が提示したそのままの価格で買う、
あるいは売るということです。

他にもさまざまな注文方法が
ありますが、ここでは成行注文で
注文を出してみましょう。
赤い「成行売り」ボタンと、
青い「成行買い」ボタンがあります。

これから価格が上がると思えば
青のボタン、下がると思えば
赤いボタンをクリックします。

ミツオは今回、下記チャートの
黄色い矢印部分で「売り」注文を
出しました。

赤と黄色の2本はほぼ横ばいですが、
一番長い期間(200の白い線)が
下向きなので、下落と考え
売ってみました。

さて、結果は…。

  デモ口座で練習トレードをしてみよう<エグジット編>

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ