MT4に組み込まれていないインジケーターの入れ方(1)

前回、MT4に元からインストール
されているインジケーター「RSI」の
使い方を説明しました。

▶前回記事「MT4チャートにインジケーター「RSI」を表示してみよう」

このページではMT4に元から入っていない
インジケーターの入れ方を説明します。

好みのインジケーターを追加できる

MT4ではさまざまなインジケーターを
組み込むことができます。

ソフトやブラウザなどで使う
プラグインやアドオンなどと
似たような仕組みといえば
わかりやすいでしょうか。

プログラミングがわかる人なら
自分で作ることも可能です。

ネット上に公開されているインジケーター

私、ミツオはトレードで
「RCI」というテクニカル指標を
よく使うのですが、この「RCI」は
MT4には入っていません。

インジケーターはネット上に
たくさん公開されており、
ほとんどは無料で誰もが
使う事ができます。

インジケーターを集めたサイト

インジケーターを集めて
公開しているサイトも
ありますので、利用すると
良いでしょう。
インジケーターを検索すると
よく出てくるサイトです。

MT4でFX [MT4インディケーター]

インジケーター「RCI」をダウンロードしてみよう

それではここで「RCI」を表示する
インジケーターを探してみましょう。

欲しいインジケーターの
名前がわかっているので、
トップページの左側にある
オレンジ色の「名前順から探す」を
クリック。続いて表示される
ページ上部のアルファベット群の
中から「R」をクリックします。

名前に「RCI」と付く
インジケーターがいくつか
ありますね。自分の目的に合う
インジケーターを見つけます。

今回は「RCI_three.ex4」という
インジケーターをダウンロードします。

ファイルの拡張子
(「.(ドット)」の後ろの3文字)
が、「ex4」と「mq4」の
2種類があります。
「ex4」はコンパイル済み
「mq4」はコンパイル前のソース
です。
どちらでも使えるので
どちらをダウンロードしても
大丈夫です。

名前をクリックしてファイルを
保存します。デスクトップなど
自分がわかりやすい場所に
ダウンロードしましょう。

次回、MT4で使えるように設定します。

 ▶MT4に組み込まれていないインジケーターのインストール方法(2)

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

コメントを残す