MT4チャートにインジケーター「RSI」を表示してみよう

インジケーター「RSI」を表示

前回は移動平均線を
表示してみました。

  移動平均線を表示してみよう

今度は有名なテクニカル指標である
「RSI」を表示してみましょう。

「RSI」はMT4をインストール
した時点でインジケーターとして
組み込まれています。

表示はドラッグ&ドロップするだけ

それでは表示してみましょう。
やり方は「移動平均線」を
表示した時とまったく同じです。

「RSI」は「ナビゲーター」から
「インディケータ」の
「トレンド」のすぐ下にある
「オシレーター」の中にあります。
「Relative Strength index」
というのが「RSI」ですね。

ドラッグ&ドロップします。

「期間」などを表示する
ダイアログが表示されます。

今回もデフォルトのまま
「OK」ボタンをクリックします。
自分がいつも使い慣れている
「期間」がある人はその期間を
入力して表示させてみてください。

チャートウィンドウの下部分に
「RSI」が表示されたらOKです。

RSIのレベル表示の変更


70と30に点線が表示されていますが、
これを80と20に変更したい場合は
表示されているRSIのライン上
右クリックし、表示される
「RSI(14)プロパティ…」をクリック。


ダイアログのタブから
「レベル表示」を選択。
70と30をそれぞれ「削除」し、
80と20を新たに「追加」して
OKボタンをクリック。


新たに80と20のところに
点線が表示されます。

  MT4に組み込まれていないインジケーターのインストール方法(1)

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

コメントを残す