【FX入門】トレンドの始まり、終わり、どこまで続くかは誰にもわからない

FXで一般的な「トレンド」の定義は
上昇トレンドの場合は
高値、安値を切り上げていくこと。
下落トレンドの場合は逆に
高値、安値を切り下げていくこと、
ですよね。

「トレンド」の理屈はわかりますよね(笑)。

トレンドと判定できるのはチャートが出来上がってから

でもこれって「トレンドだった」であって、
場中はトレンドなのか、そうじゃないのかは
わかりませんよね。

「トレンドだった」とわかるのは
チャートが完成した後なんだから。
相場が動いている間は次にどう動くかは
誰にもわからない。

「トレンドっぽいぞ」ってことは
なんとなくわかりますが、
あくまでも「っぽい」ですよね。

トレンドの始まりや終わりは誰にもわからない

場中はどこからトレンドが始まるのか
どこまでトレンドが続くのか
トレンドがどこで終わるのかは
誰にもわかりません。

押し目だと思って買ったら、
そのまま落ちていく…
戻りだと思って売ったら、
そのまま上がっていく…。

トレンドと「仮定」して
エントリーするわけですから
外れるのも当然と言えば当然です。

これを毎回ズバリと当てることは
誰にもできません。
外れるのは当たり前だけど
当たることももちろんあります。

1回1回のトレードの勝敗にこだわる必要はない

で、少しでも確率の高い場所を
見つけるために、
テクニカルツールを用いたり
インジケーターを使用して
エントリーのタイミングを
計ったりしますよね。

それでも外しますよね。
当たるか外れるかは
五分五分じゃないでしょうか。
コイントスやサイコロと
変わらないのでは。

つまり外したことを
悔やむ必要はないってことです。
まぁ、当たればうれしいし、
外れれば悔しいですけど、
こだわる必要はないですよね。

勝率より損小利大

勝率をあげる工夫も必要ですが
大事なことは、わからないものを
当てようとすることではなく、
外した場合にいかに損失を小さくするか
当たった場合にいかに大きく利を伸ばすかです。

エントリー前にストップ値を決めたとき、
エントリーポイントをどこにすればストップに
かかった時に損失を小さくできるかを考えます。
そうすれば、エントリーできる箇所も
自然と限られてきます。

ストップにかかった時に
損失が大きくなりそうなら
エントリーポイントを見直す、
エントリー自体を見送る、
ロットを小さくする。

分割してエントリーする。
なども良いと思います。

利食いはさらに難しい(笑)。

この記事が役に立ったらポチっとお願いします♪(どちらでも)
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

コメントを残す